40歳から始めるプログラマーの世界

プログラマーとは、プログラム言語を使い目的のツールを開発します。

システムという事もあれば、アプリケーションと呼ばれる事もありますが、何れにしても彼らによって作られることに変わりはありません。
一方で、業界内では35歳という一種の転職限界を課して来ました。思えば、プログラマーで一生を終えるのではなく、システムエンジニアなどへと企業内で出世させて行く制度があったからだと言えます。先陣を切って開発していた立場から、多くの後輩を束ねて管理者と成って行くという流れが残っていたのでしょう。

あの頃から時代は大きく変わりました。プログラマーとしてツール開発することが出来れば、今の時代、管理者とならなくても十分に稼ぐ事が出来ます。何も35歳という年齢に意味を持たせなくても、例えば40歳からであっても遅くはない時代になりました。
誰かから仕事をもらい、言語を駆使してプログラミングするという従来のフロー以外に、開発したツールを発信して販売するマーケットが充実した事も背中を押してくれるでしょう。

受け身では生き残れない時代を厳しい時代と読み解くか、企業に依存しなくてもアイディアさえあれば夢をつかむことが出来る時代を楽しんでいけるのかは人それぞれです。しかし、それだけ選択肢が増えて、ヤル気次第で結果も変化することを肯定的に捉えられるなら、40歳からでも十分にチャンスがあります。
求められるのは、年齢ではなく、問題点をどの様に解決出来るのか、時代が変化して来たと言うことでしょう。