管理職の経験を活かすという道もある

40歳から未経験でプログラマーを目指すのは、決して遅くはないものです。

もちろん最前線で活躍するのは難しいものですが、それまでの経験を生かして管理職を目指すのであれば、十分に可能性はあります。
というのも、エンジニア業界では管理職やマネージャーが不足しているからです。基本的にプログラマーというものは技術者なので、現場での業務にこだわります。自身のスキル磨きには興味を持つものですが、管理といった仕事には興味を持たないものです。そのために、会社によっては異業種で管理職としての経験を積んだ人材を募集しています。

もちろんプログラミングに関しての知識が全くないとなれば仕事にはならないものです。そこでまずはプログラマーとして転職し、そこから管理職へと転向することになります。
また、現場のエンジニアが管理職に必要なビジネススキルを身につけるのは難しいものです。普段の業務でコミュニケーション能力や管理能力を備える機会は無いからです。けれども、最初からそのようなビジネススキルを持っている人材であれば、プログラミングについて学ぶだけでマネジメントを行えるようになります。これが、40歳からでも未経験で業界に飛び込むのが遅くはない理由です。

もちろん、そのような管理職としての経験がなければ、未経験で業界に入るのは難しいものです。最新の技術を求められる現場で活躍するのはほとんど無理と言ってよいものです。
経験を積んだエンジニアであっても、40歳となれば技術についていくのが難しいのが理由となります。